TOP > 会社情報 > 社長あいさつ

PRESIDENTIAL GREETING

社長あいさつ

社会資本整備の一翼を担う建設コンサルタント事業を中核に、オープンマーケット・イノベーション戦略の推進によって、新しい価値を創造し続ける企業集団としての進化を続けてまいります


株式会社FCホールディングス

あけましておめでとうございます。
令和3年、改めてのオリンピックイヤー幕開けとなりました。
 当社は、昭和24年創業の株式会社福山コンサルタントを特定完全子会社として、傘下に6事業会社を抱える純粋持株会社です。グループの中核事業である建設コンサルタント業は、毎年のように発生する大規模自然災害や、老朽化する社会資本の維持・更新、高齢化社会に対応した地域の再整備等、国民の生活に密着した産業領域として認知され、ますますその重要性が増しています。
 更に、新型コロナウイルス感染症の猛威が未だ終息の兆しを見せない中で、常に複合災害の緊張感にある社会情勢を踏まえて、新しい生活様式の為の技術革新、事業革新が急務となっています。多様化し確実に変化していく時代のニーズに即して、より社会的価値の高い社会資本整備分野をコンサルティングし続ける役割を担っていると認識しています。 この市場要請に応えるためには、建設分野のみならず情報通信、自然科学、社会科学、金融工学等を含む多岐にわたる分野との連携強化が不可欠となってきています。従来のビジネスモデルの枠組みや産業内常識にとらわれない積極的な社外連携による不断の事業変革を、グループ全体で進めてまいります。
 常に、技術で人に寄り添いながら、地球上の全ての地域において、人々の安全と安心を守り、持続的な成長へつながる技術の創出と経営全体の有機的再組織化によるグループ力強化を行い、経営品質を高め、顧客・従業員・株主を始めとするステイクホルダ-の皆様の満足度向上を図ってまいります。
  引き続きまして倍旧のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

令和3年1月
代表取締役社長 福島 宏治